痩せやすい体を作るために > トップページ

フィットネスクラブのうまい活用方法

昔から長距離を走るのが苦手でした。
どんなにゆっくり走ってもすぐに息があがってしまうので、学生時代の体育の授業は辛かったです。
ところが社会人になってみて、体育の授業って実は結構な運動量だったのだと気づきました。
なぜなら、だいたい週に2回あり、1時間動けばそれだけで月8時間も運動していることになります。
平日の昼間はフルタイムで働いて、終業後は同僚とディナー、週末は家でごろごろしているのでは、月に8時間の運動量など永遠に果たせそうもありませんね。

これはやはり、強制的に運動をするような環境に自分を追い込まないといけないと思い、インターネットで自宅の近くにあるフィットネスクラブを調べてみました。
会員の種類は色々ありますが、働く人にとって平日の昼間は絶対に通えないので、1万円前後の会費は割高感を感じます。
かといって休日のみだと運動リズムのバランスが悪いですし、週末になにかしら予定があるとまったく利用しなかった月が発生する可能性があり、やはり割高感があります。
休日利用のプランだと7000~8000円程度が相場のようなので、休日が月に8日だとしたら1回につき1000円ぐらいの計算になります。
やはり、割高感を否めませんね。
また、よくある料金プランとしては、月に通える回数が決まっているというものです。
だいたい4回とか6回が多いようですが、回数が決まってる割りにそんなに安くもない感じがします。
そうすると、仕事をしてる人に一番向いてるプランは夜の利用がメインのプランということになります。

調べてみると、夜のプランは相場が6000~7000円ぐらいが最多のようです。
平日の夜なら、わざわざジムに行くために身支度しなくても会社帰りに寄れますし、シャワーや浴室が設置されているジムであれば運動の後にさっぱりして家に帰ることができます。
また、日頃あまり運動していない人にとって、時間が無制限だとはりきって運動しすぎてすぐに燃え尽きやすいですから、平日の夜の3~4時間だけと決まっているなら程よく抑制してくれそうです。
設備にお風呂やサウナがあるなら、それだけのためにジムに通うのもアリですね。
水道光熱費の節約にも一役買ってくれそうです。
体のメンテナンスには時間もお金もかかりがちですが、一ヶ月に7000円ぐらいなら無理なく継続できそうですね。

↑ページトップ